採用Q&A

経営方針を教えてください。
経営理念・当行の目指す銀行像
当行は、今後9年間(平成28年4月~平成37年3月)を計画期間とする「長期経営計画」および、今後3年間(平成28年4月~平成31年3月)を計画期間とする「第10次中期経営計画」をスタートさせました。
当行は、長期経営計画において、当行を取り囲む(1)お客さま、(2)株主、(3)従業員、(4)地域という4つのステークホルダーに対して当行がナンバーワンになることによって、「めざす銀行像」である「必要とされ選ばれる銀行 ~長野県のマザーバンク~」の実現に向けて果敢に挑戦することにより、企業価値の向上を図り、コンプライアンス重視の企業風土を醸成するとともに、社会的責任と公共的使命を果たすことを基本方針に据えています。
また、第10次中期経営計画においては、「経営基盤の要となる『人づくり』に積極的に取り組み、『考働派』を育成する。」ことを基本方針とし、職員一人一人が「考働派」となり、当行の「経営理念」である、お客さま、株主の皆さまおよび従業員の幸福と繁栄のために全力を尽くします。
長野銀行の特色を教えてください。
長野銀行は一貫して「地域社会に役立ち親しまれる銀行」を目指し、地域密着の営業を展開しています。人と人とのつながりを大切にするフットワークの良さは最大の特徴であり、そのため、中小企業向け、個人向け貸出金が73.3%を占め、また地元貸出金の割合は94.2%となっています(平成28年9月30日現在)。また、当行は、「地域密着型金融」を通じて金融機能の一層の強化を図ることにより、今後もお客さまの期待に応えていきたいと考え、「地域密着型金融」の推進計画を策定し、重点的に取り組んでいます。
また、高齢者や身体に障がいを持つ方をはじめ、あらゆるお客さまの立場での適切なサービスの提供や、お客さまへの配慮・気配りを向上させるため、「サービス・ケア・アテンダント」や「認知症サポーター」等、有資格者を営業店に配置することとし、資格取得等の人材育成に注力しています。
イメージ画像
ボランティア活動・地域貢献について教えてください。
当行は、歳末たすけあい募金をはじめとする各種の募金の受付や支援、献血運動等に積極的に参加しております。また、当行の創業記念日には全店の職員有志によるボランティア活動として、各地で道路および公園等の清掃活動を実施しているほか、「松本ぼんぼん」、「長野びんずる」等の各地のお祭りやイベントに積極的に参加しています。 
その他にも、地域の芸術や文化活動の発展のお役に立てるよう、毎年夏に松本市で開催される「セイジ・オザワ松本フェスティバル」等の地域の祭典へ協賛しています。また当行は、平成22年2月より、当行と同じく松本市を本拠地とするサッカークラブ「松本山雅FC」のユニフォームスポンサーとして契約しており、そのスポンサーシートについては、福祉施設や養護学校の皆さまをご招待するなどし、大変好評をいただいております。 さらに、県内の優れた観光資源を保護し、観光の発展を支援するための活動として、「ながぎん地域応援定期預金」を発売し、お預りしたご預金の一定相当額を県内各観光施設・文化財等へ寄付を行い、お役立ていただいております。
イメージ画像
採用スケジュールを教えてください。
採用スケジュールについては、採用ホームページにて「会社説明会」「採用選考会」等の採用情報を随時お知らせしていきますので、ご確認ください。
採用試験を受けたいのですが、どうすればよいですか?
まずは、リクナビの専用ページ「ながぎん Recruiting Special Site」よりエントリーをお願いします。その後の採用試験日程等を、随時お知らせします。
専攻している学部・学科は採用選考と関係ありますか?
出身学部・学科は、採用選考とは特に関係ありません。理工系出身の先輩方も様々なポジションで活躍しています。ただし入行後は、専攻学部に関係なく自己啓発等による継続的な勉強は必要です。
募集職種について、違いを教えてください。
【ゼネラリスト(総合職)】
銀行業務全般に亘る分野を担当します。
複雑かつ難易度の高い企画力・判断力を必要とする非定型的な職務を担当し、
管理職・役席者・企画スタッフとして能力を発揮するコース。
また、転居を伴う異動があります。
【プロフェッショナル(専門職)】
銀行業務全般に亘る分野を担当します。
高度な専門知識・交渉力・対応力を必要とする非定型的な職務を担当し、
役席者・営業店スタッフ・企画スタッフとして能力を発揮するコース。
また、転居を伴う異動があります。(ただし、ライフサイクルに配慮した転勤となります)
長野銀行の求める人物像は?
職能に関わらずお客さまと接する仕事なので明るく元気な対応ができることは当然求められます。
その他の仕事に対する知識やスタンスについては入行後に育成していきます。詳しくはこちらをご覧ください。
長野銀行の教育研修システムはどのようになっていますか?
本部集合研修とOJT、そして自己啓発制度を並行して行なっています。また、より専門的な知識の習得を目的に、専門教育や外部派遣研修も行なっています。詳しくはこちらをご覧下さい。
配属や担当業務はどのように決まるのですか?
入行後は原則として営業店に配属になります。新入行員研修や、配属店でのOJT等により基本的な知識や銀行業務を習得していきます。その後は、個人面接や自己申告書に基づき、本人の適性や希望等を総合的に判断して本部や営業店での各職務を担当していくことになります。
企業倫理を教えてください。
  • 社会的責任と公共的使命の達成
    私たちは、銀行のもつ社会的責任と公共的使命の重みを常に認識し、自己責任に基づく健全な業務運営を通じて揺るぎない信頼の確立を図り、当行に課せられた社会的責任と公共的使命を果たします。
  • 質の高い金融サービスの提供
    私たちは、経済活動を支えるインフラとしての機能はもとより、創意と工夫を活かし、お客様のニーズに応えるとともに、質の高い金融サービスおよび情報の提供を通じて、経済・社会の発展に貢献します。
  • 法令やルールの厳格な遵守
    私たちは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公平な企業活動を遂行し、コンプライアンス重視の企業風土を醸成します。
  • 地域社会への貢献活動の取組み
    私たちは、地域社会の中においてこそ存続・発展し得る存在であることを自覚し、広く地域社会とのコミュニケーションを図り、地域社会とともに歩む「良き企業市民」として、積極的に地域社会への貢献活動に取組みます。
  • 反社会的勢力との対決
    私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決します。
エントリー画面へ
このページの先頭へ