女性キャリア

女性が働きやすい職場づくり、キャリアステップへの道筋をしっかりとつけることが、私の使命です。

制度を整備するだけでは、本当の意味で活躍の場を設けたことにはならない

イメージ画像女性が活躍できる環境を謳う企業はたくさんあります。産前・産後休暇や時短勤務など、当行も含め、そのような制度を整える企業も数多く存在します。でも、そういった制度がどれだけ活用され、どれだけ働く女性にとって後押しになっているのかと言えば、まだまだ改善する余地があるのは事実。私は、単に制度を整えるだけではなく、「本当に女性にとって働きやすい職場」「女性が自ら積極的にキャリアステップを重ねていける環境」を徹底的に検証し、さらに生き生きと輝ける長野銀行につくりあげていきたいと考えています。もちろんこれは、全行挙げてのプロジェクト。その先頭を走り、必ず目標、いや使命を達成します。


イメージ画像現在、「女性活躍推進チーム」を立ち上げ、個別案件ごとにワーキンググループをつくり、問題点の洗い出しや改善案を検討しています。たとえば産前・産後休暇については、制度はあるものの、果たして産休明けに“同じモチベーションでスムーズに職場復帰できる環境なのか”という根本的な部分から検討を重ねています。やはり、そこには女性ならではの悩みもあるもの。ワーキンググループには子育て経験のある女性スタッフにも参加してもらい、生の声をどんどん出してもらっています。また、キャリアステップについては、これまではどうしても途中でステップアップを諦める人が多かった反省をもとに、どうすれば意欲が継続するかを、女性目線で検証しています。


イメージ画像もちろん女性目線だけではバランスを欠く可能性がありますから、ワーキンググループには男性スタッフにも参加してもらい、さまざまな意見をもらっています。そんな中で、今後の人事制度の在り方や女性限定の研修など、いろんなアイデアが出始めています。まだまだプロジェクトはスタートしたばかりですが、行員の意識が変わりつつあるという実感を掴んでいます。制度や環境づくりは一日も早く構築しなければなりませんが、中身が伴わないと意味がありません。私のこれまでの経験も生かしつつ、ゴールに向かっていきたいですね。キャリアステップの話をしましたが、一方で適材適所にさまざまな活躍の場を用意することも重要です。そんなバランスもしっかり保ちながら形にしていきたいと考えています。

私のプライベート

エントリー画面へ
このページの先頭へ
カテゴリのトップへ