ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 長野銀行について > コーポレート・ガバナンスの状況 

コーポレート・ガバナンスの状況 

印刷用ページを表示する 2017年7月26日更新

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

必要とされ選ばれる銀行~長野県のマザーバンク~

当行は、経営理念に「お客さまと株主の皆さまおよび従業員の幸福と繁栄のために全力を尽くすこと」を掲げるとともに、お客さま、株主、従業員、地域のステークホルダーに対してNO.1となり、その期待に応え、金融サービス業を通じて「必要とされ選ばれる銀行~長野県のマザーバンク~」となることを当行のめざす銀行像としています。この実現のためには、経営資源を十分に有効活用し、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みであるコーポレートガバナンスの実効性の確保が重要であり、当行は、「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨と各原則を尊重するとともに当行の個別事情を十分考慮した上でコーポレートガバナンスの充実に継続的に取り組むこととしております。

コーポレート・ガバナンス体制の概要等

取締役会

取締役会は、定時取締役会を原則として毎月開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営の基本
方針、法令に定められた事項およびその他経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行のモニタリン
グを実施しております。また、監査役が出席し、経営の監視機能を強化しております。 

監査役会

監査役会は、原則として毎月開催することによって、有効な経営監視機能を果たしております。また、監査役
は、内部監査部署による内部監査報告の活用並びに会計監査人と意見交換などを行うことにより、監査の実効
性を高めております。また、常勤監査役は、取締役会、常務会および各種委員会等に出席することにより、意思決
定のプロセス並びに業務執行状況の経営監視を行っております。

常務会

常務会は、原則として毎週開催しており、重要な銀行業務の執行について協議し、その適正かつ円滑な運営を
図っております。また、常勤監査役が出席し、経営の監視機能を強化しております。 

コーポレート・ガバナンス体制図

 コーポレートガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンスに関する報告書等

コーポレートガバナンス基本方針 [PDFファイル/238KB]PDFファイル

コーポレート・ガバナンスに関する報告書 [PDFファイル/402KB]PDFファイル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)