ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 法人のお客さま > スタンドバイ・クレジットで中国現地法人の資金調達をサポート

スタンドバイ・クレジットで中国現地法人の資金調達をサポート

印刷用ページを表示する 2018年8月6日更新

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、お取引先企業の海外展開をサポートするため、株式会社名古屋銀行(頭取 藤原一朗)と連携し、同行南通支店(なんつうしてん)(中華人民共和国江蘇省南通市)を通じたスタンドバイ・クレジット(※)の取扱いを開始します。これにより、中国現地法人はよりスムーズな人民元調達が可能となります。
(※)スタンドバイ・クレジット(SBLC:Stand-by Letter of Credit):日本企業の現地法人や海外支店が、現地銀行から貸付や保証を受ける際に、保証書として発行する信用状

取扱開始日

 平成30年8月8日(水曜日) 

概要

1.フロー: 長野銀行が、お取引先(親会社)の依頼により、スタンドバイ・クレジットを名古屋銀行南通支店へ発行
お取引先の中国現地法人は、名古屋銀行南通支店の審査を経て、融資を受ける

スタンドバイ・クレジットフロー

2.対象先:親会社の出資比率が51%以上の中国現地法人

3.対象地域:中国全土(香港を除く)

4.取扱通貨:人民元、米ドル、日本円

5.資金使途:運転資金、設備資金

お問い合わせ

株式会社長野銀行 証券国際部:0263-25-5912(担当:沖島)