ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 法人のお客さま > 「ながぎん地域応援私募債」株式会社テクニカルパートナーの私募債を受託しました

「ながぎん地域応援私募債」株式会社テクニカルパートナーの私募債を受託しました

印刷用ページを表示する 2018年10月29日更新

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、平成30年10月29日に株式会社テクニカルパートナーより「ながぎん地域応援私募債」を受託しました。「ながぎん地域応援私募債」は平成30年6月より取扱いを開始しており、本件が9号目の受託案件です。

私募債発行会社の概要

社名:株式会社 テクニカルパートナー

住所:長野県長野市大字鶴賀1706番地3-302

業種:情報サービス業

代表者:瀧澤 聡

電話番号:026-269-9533

私募債の内容 

銘柄:株式会社テクニカルパートナー 第1回無担保社債
((株)長野銀行・長野県信用保証協会共同保証付、分割譲渡制限特約付)

発行金額:30百万円

発行日:平成30年10月29日

期間:3年間

引受:長野銀行が全額引受

資金使途:運転資金

寄付

寄付先:信濃町立信濃小中学校(代表取締役社長 瀧澤 聡の出身校)

住所:上水内郡信濃町大字古間491

寄贈品:図書館書籍

その他:11月中に寄付の贈呈式を行う予定です。

その他

同社は将来に向けてキラリと輝く「チャレンジ企業」であること、営業、開発、運用を自社で行う「自立型企業」であることを念頭に、従業員一人一人の個性と能力が十分に発揮されモチベーション高く働ける職場風土を醸成し、情報技術の「創造」と「発信」を通してお客様に喜ばれ、地域社会から愛され、選ばれる企業を目指して取組んでいます。

今後、経済産業省により発信された「デジタルトランスフォーメーション」「ITシステムの2025年の崖」に対応するため、「クラウド活用支援の強化」と「食品製造業向けシステム」への投資を行い、「将来の成長、競争力強化のための新たなデジタル技術を活用したビジネスモデル」の「創造」ができるよう、HP上の営業ツールを充実させるとともに、人材育成に積極的に取組むことで組織としてのパフォーマンス向上に積極的に取組んでいます。

(詳細については、発行会社にお問い合わせください。)