ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 法人のお客さま > 「つみたてNISA」の口座開設受付および専用ファンドのお申込みを開始します

「つみたてNISA」の口座開設受付および専用ファンドのお申込みを開始します

印刷用ページを表示する 2017年10月10日更新

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、平成29年10月2日(月曜日)より「つみたてNISA」の口座開設の受付を開始しました。
「つみたてNISA」は、少額から長期的に積立投資し、お客さまの資産形成を図るために創設された制度です。
併せて、当行では平成29年11月1日(水曜日)より、つみたてNISA専用ファンド5商品のお申込みを開始します。

 「つみたてNISA」の概要

「つみたてNISA」とは、年間40万円までの積立投資により購入した株式投資信託等から発生した譲渡所得・配当所得が20年間非課税となる制度です。

利用できる方

国内に居住する20歳以上の方

投資可能期間

2018年~2037年

非課税での投資期間

最長20年間

年間の非課税限度額

毎年40万円まで

投資方法

積立購入のみ(定時定額購入サービス)

当行における受付開始時期

口座開設受付開始:平成29年10月2日(月曜日)
専用ファンドお申込み開始日:平成29年11月1日(水曜日)
つみたてNISAの取扱開始日:平成30年1月から

 「つみたてNISA」専用ファンドの概要

取扱いファンドの特徴

ファンド名/運用会社

主な特徴

iFree TOPIXインデックス

 大和証券投資信託委託株式会社

東京証券取引所第一部上場株式(上場予定を含みます。)を投資対象とし、投資成果を東証株価指数(TOPIX)の動きに連動させることを目指します。

iFree 外国株式インデックス
(為替ヘッジなし)

大和証券投資信託委託株式会社

外国の株式に投資し、投資成果をMSCIコクサイ指数(円ベース)の動きに連動させることを目指して運用を行います。
なお、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。

iFree 外国株式インデックス
(為替ヘッジあり)

大和証券投資信託委託株式会社

外国の株式に投資し、投資成果をMSCIコクサイ指数(円ヘッジ・ベース)の動きに連動させることを目指して運用を行います。
なお、為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行います。

iFree 新興国株式インデックス

大和証券投資信託委託株式会社 

新興国の株式に投資し、投資成果をFTSE RAFIエマージングインデックス(円換算)の動きに連動させることを目指します。
なお、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。

iFree 8資産バランス

大和証券投資信託委託株式会社

国内外の株式、債券、リート(不動産投資信託)8つの資産クラスに均等に投資することを目標とします。
各資産クラスにおける投資にあたっては、投資成果を特定の指数の動きに連動させることを目指して運用を行います。

選定理由

今回選定した5ファンドは、「つみたてNISA」制度における対象商品の基準を満たす商品において以下の観点から、長期の資産形成に資する商品であると判断し、選定しました。

  • 国内外の商品を揃えることでお客さまの幅広いニーズに応えることができる。
  • 投資初心者のお客さまにも分かりやすく、資産形成を始めやすい。
  • 保有期間中にお客さまが負担する費用(信託報酬等)が相対的に低廉である。

お申込み開始日

平成29年11月1日(水曜日)

取扱店舗 

県内50店舗(出張所を除く)

 商品に関するお問い合わせ先

当行各支店窓口または営業統括部0263-27-3855(担当:黒岩)

当行は、今後とも、信頼され、親しまれ、相談に乗れる、存在感のある銀行をめざしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。