ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

外貨預金

印刷用ページを表示する 2014年4月12日更新

商号等:株式会社 長野銀行
登録金融機関:関東財務局長 (登金)第63号

外貨預金とは・・・

  1. 外国通貨でお預けいただく定期預金です。
    当行では、米ドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、英ポンド、ユーロの5通貨を取り扱っております。
  2. 外貨の金利でお利息がつきます。
    金利の設定は、お預け入れの通貨により異なります。
  3. 日本の円預金より、高めの金利設定となっている場合が少なくありません。
  4. 外貨預金にはリスクがあります。(※ご注意ください)
    外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
     為替相場の変動により、お受け取りの外貨を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れ)リスクがあります。円を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料(例えば、1米ドルあたり1円、1ユーロあたり1円50銭、1オーストラリアドルあたり2円、1ニュージーランドドルあたり2円、1イギリスポンドあたり4円)がかかります(お預け入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します)。
     したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1オーストラリアドルあたり4円、1ニュージーランドドルあたり4円、1イギリスポンドあたり8円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  5. 預金保険の対象外商品です。
  6. 為替予約付外貨預金のお取扱いもいたします。(米ドルのみ)
    預入時に満期日の為替相場を予約することで、為替リスクを回避し、実質円利回りを確定することができます。

外貨預金-商品の概要

右矢印外貨普通預金
 (商品の概要)
右矢印外貨定期預金
 (商品の概要)
右矢印ながぎん外貨定期預金
 (商品の概要)

ながぎん外貨定期預金 オープン型/個人専用

図:ながぎん外貨定期預金

お取扱い通貨米ドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、英ポンド、ユーロの5通貨
ご利用いただける方個人のお客さまに限らせていただきます。
お預け入れ金額100万円相当額以上
お預け入れ期間1、3、6、12か月の4期間
お利息計算方法1年を365日とする日割計算をいたします。付利単位は各通貨の補助通貨単位です。
利率米ドルは1週間毎、その他の通貨は毎営業日に、市場金利の動向に応じて決定し、店頭に表示します。お預入の利率は満期時まで変わりません。
お取扱い期間米ドル:午前10時~午後2時
その他の通貨:午前11時~午後1時30分
適用相場円によるお預け入れ時、お支払い時には当日相場を適用いたします。
お預け入れ時相場:TTS(お客さま電信売相場)
お支払い時相場:TTB(お客さま電信買相場)
課税方法お利息=源泉分離課税(国税15%+地方税5%)マル優のお取扱いはできません。
為替差益=雑所得として確定申告による総合課税になります。
(年収2000万円以内の給与所得で雑所得が20万円以下の場合は確定申告は不要です)
満期時のお取扱い当初お申し込み時に「自動継続式」、「非継続式」のどちらかをご指定ください。
自動継続式の場合:お利息を元金に組み入れて継続します。
非継続式の場合:特にお申し出のない限り、満期元利金は円貨に換算のうえ普通預金へご入金します。
中途解約中途解約は原則としてお取扱いいたしません。
やむを得ない事情により中途解約される場合は、外貨普通預金の利率を適用のうえお支払いいたします。
手数料外貨現金・小切手によるお預け入れ、あるいはお支払いの際には手数料がかかります。くわしくは、窓口へお問い合わせください。

 (例)外貨現金でのお預け入れ、お支払い

  • 1米ドルあたり          入出金とも   2円
  • 1オーストラリアドルあたり    入出金とも  12円
  • 1ニュージーランドドルあたり  入出金とも  8.7円
  • 1英国ポンドあたり        入出金とも  13円
  • 1ユーロあたり           入出金とも  4.5円
預金保険対象外です。
先物為替予約お預け入れ後、先物為替予約締結により、満期時の受取円貨額も確定できます。満期日の3営業日前までにお申し出ください。

●詳しくはお近くの長野銀行窓口へご相談ください。