ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 「地方創生『食の魅力』発見商談会2018」を開催します

「地方創生『食の魅力』発見商談会2018」を開催します

印刷用ページを表示する 2018年2月28日更新

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、当行ほか第二地方銀行協会加盟行29行およびリッキービジネスソリューション株式会社とともに、平成30年6月20日(水曜日)に「地方創生『食の魅力』発見商談会2018」を開催いたします。

本商談会は、全国の地域食材に特化した商談会として平成23年よりスタートし、年々規模を拡大し、本年で第8回目の開催を迎えます。

第二地方銀行の取引先である「地域の食品」を扱う地元企業にスポットを当て、首都圏を中心としたバイヤーとのマッチング機会の創出や商品の市場競争力向上を狙い、広域の食関連産業の育成と発展、地域経済の活性化を後押しすることを目的としています。

当日は食品バイヤーとのマッチングを図る「事前予約制個別商談会・フリー商談」を実施し、具体的な販路拡大の機会を提供致します。

 開催概要

名称

地方創生『食の魅力』発見商談会2018

日時

平成30年6月20日(水曜日)10時00分~16時00分 

場所

TRC東京流通センター A・B・C・D・Fホール(東京都大田区平和島6-1-1)

概要 

出展企業と食品バイヤーとの事前予約制個別商談会・フリー商談

展示規模

出展対象

主催銀行の取引先で、食品の生産・製造・販売等を行う事業者

出展社数

300社程度(昨年243社)

商品数

1,000商品以上(予定)

来場者

食品担当バイヤー等2,700名(見込)(昨年2,572名) 

出展料

162,000円(税込) 

※一般の方のご入場は、ご遠慮いただいております。
※出展社の最新情報は地方創生『食の魅力』発見商談会2018ホームページをご覧ください。

 主 催

地方創生『食の魅力』発見商談会 実行委員会
(当行、きらやか銀行、北日本銀行、仙台銀行、福島銀行、大東銀行、東和銀行、京葉銀行、東日本銀行、神奈川銀行、大光銀行、福邦銀行、愛知銀行、名古屋銀行、中京銀行、第三銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行、島根銀行、トマト銀行、徳島銀行、香川銀行、愛媛銀行、高知銀行、福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、熊本銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行およびリッキービジネスソリューション株式会社) 
※平成30年2月28日現在

 後 援(予定)

第二地方銀行協会、主催銀行の本店が所在する各都道府県他

当行の昨年の実績(2017年)

お取引先企業の販路拡大を図るため、第二地方銀行協会加盟行による「地方創生『食の魅力』発見商談会2017」を実施し、11社のお取引先企業が出展しました。商談会では、23件成約し、159件の商談継続がございました。(写真は昨年の様子)

食の魅力2017

食の魅力

お問い合わせ

当行各支店窓口または営業統括部 電話:0263-27-3855(担当:小林)