ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 「当座勘定規定」の一部改定のお知らせ

「当座勘定規定」の一部改定のお知らせ

印刷用ページを表示する 2018年10月5日更新

平成30年10月9日に予定されている全銀システムの稼働時間拡大(24時間365日稼働化)に伴い、当座勘定への入金および振込金の受入時間を明確にするため、当座勘定規定を同日付で一部改定します。

なお、改定後の新規定は、改定前よりお取引いただいているお客さまに対しても適用されます。改定内容の詳細および新規定をご入用のお客さまは窓口までお申し付けください。

対象規定

規定名

改定箇所

当座勘定規定(一般用)

第9条(支払の範囲)

当座勘定規定(専用約束手形口用)

第10条(支払の範囲)

改定内容

規定名

改定前

改定後

当座勘定規定

(一般用)

第9条(支払の範囲)

  1. 提示された手形、小切手等の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
  2. 手形、小切手の金額の一部支払はしません。

第9条(支払の範囲)

  1. 同左
  2. 呈示された手形、小切手は、呈示日の15時までに当座勘定に受入れまたは振込まれた資金により支払います。なお、15時以降に入金した資金を支払に充当したとしても当行は責任を負わないものとします。
  3. 手形、小切手の金額の一部支払はしません。

当座勘定規定

(専用約束手形口用)

第10条(支払の範囲)

  1. 呈示された手形の金額が当座勘定の支払資金をこえる場合には、当行はその支払義務を負いません。
  2. 手形の金額の一部支払はしません。

 

第10条(支払の範囲)

  1. 同左
  2. 呈示された手形は、呈示日の15時までに当座勘定に受入れまたは振込された資金により支払います。なお、15時以降に入金した資金を支払に充当したとしても当行は責任を負わないものとします。
  3. 手形の金額の一部支払はしません。