ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 非常用食料をフードバンク信州へ寄贈しました

非常用食料をフードバンク信州へ寄贈しました

印刷用ページを表示する 2017年8月10日更新

非常用食料をフードバンク信州へ寄贈しました

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、社会貢献活動の一環として、当行本支店で備蓄する災害用備蓄品(非常用食料)を特定非営利活動法人フードバンク信州へ下記のとおり寄贈しました。

寄贈日

平成29年8月10日(木曜日)

寄贈品

災害用備蓄品(缶入り乾パン4,995個)

寄贈先

  • 特定非営利活動法人フードバンク信州
  • 設立:平成28年2月23日
  • 理事長:佐藤 豊
  • 所在地:長野市大字高田1029-1 長野県NPOセンター内
  • 活動内容:流通の過程で廃棄される食品や、家庭で眠っている食品の寄贈を受け、関係機関・団体のネットワークを活かして、食料支援を必要としている生活困窮者等の支援に提供をしています。

経緯

当行本支店で備蓄する缶入り乾パンについて、平成29年中に保存期限を迎えることから、松本市へ無償提供を打診したところ、松本市環境政策課を通じて、「特定非営利活動法人フードバンク信州」様をご紹介いただき、今回、寄贈をいたしました。

当行は、今後とも、地域との絆を大切にし、地域貢献度No.1となるため、地域とともに歩む銀行をめざしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

フードバンク信州寄贈