ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 地方創生に係る取組みについて

地方創生に係る取組みについて

印刷用ページを表示する 2017年3月14日更新

地方創生に係る取組みとして、当行のお取引先企業の「地域産業資源活用事業計画」認定事業の取得に関わり、本事業計画が行政から認定されました。

ついては、松本市主催によりプレス発表会が下記のとおり行われます。

なお、地域金融機関に対しては、地方創生に向けて金融面に限らないお取引先の包括的な支援を実施することが求められており、当行は、地域とともに歩む銀行として、地域中小企業の支援・協力を図ることにより、引続き地方創生へ取り組むことといたします。

取組みの概要

  1. 平成29年2月3日、経済産業省関東経済産業局は、中小企業地域資源活用促進法に基づく「地域産業資源活用事業計画」(第31号認定)の認定事業を公表しました。
  2. 今回、当行のお取引先企業であります、株式会社松本ブルワリー様(以下「同社」とします。)の「信州の果物を活用した発泡酒の開発・製造・販売」事業が認定されました。
  3. 当行は、同社の本事業が地域経済に貢献する事業であるとして、事業認定に向け協力いたしました。
  4. また、昨年9月に松本市にて開催され、同社が参加したイベント「クラフトビールフェスティバルin松本」を当行は後援し、運営ボランティアとして当行職員が参加しました。
  5. 今後は、本事業により製品化された「発泡酒」の地域販路開拓支援団体として販路開拓支援等を行っていきます。

地域産業資源活用事業計画のプレス発表会

日時

平成29年3月15日(水曜日)

14時~15時

場所

長野銀行大名町支店 3階会議室

主催

松本市

出席者

認定事業者(株式会社松本ブルワリー様 ほか)

経済産業省関東経済産業局、独立行政法人中小企業基盤整備機構、公益財団法人長野県中小企業振興センター、長野県、松本市、長野銀行

その他

駐車場に限りがありますので、松本市営松本城大手門駐車場をご利用下さい。