ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 法人向けインターネットバンキング > トークンのご利用に関する注意事項

トークンのご利用に関する注意事項

印刷用ページを表示する 2015年10月1日更新

1.トークンの利用開始登録について

ワンタイムパスワードをご使用いただくためには、法人インターネットバンキング画面上で、トークン(ワンタイムパスワード生成専用機器)の「利用開始登録手続き」が必要です。
平成27年8月17日(月曜日)から30日間は、法人インターネットバンキングの「ワンタイムパスワード利用開始登録」画面にて、初回登録の省略を行っていただくことで、トークンによるワンタイムパスワードがなくても、都度振込等のワンタイムパスワードが必要なお取引を行うことができました。しかし、30日経過後は、法人インターネットバンキング画面上に、トークンの利用開始省略ボタンは引き続き表示されますが、トークンの利用開始登録を行っていただかないと、都度振込等のワンタイムパスワードが必要な取引を行うことができなくなりますので、初回登録を行っていただきますようお願いいたします。

※平成27年8月17日以降に新規にお申込いただいたお客さまは、長野銀行でのお手続き完了後30日間は、ワンタイムパスワードがなくても都度振込等のワンタイムパスワードが必要なお取引を行うことができます。

※30日経過後、利用開始登録の省略をしてログインを行った場合も、残高照会等のワンタイムパスワードが必要ではないお取引は行うことができます。

2.トークンの初期不良について

トークンには、まれに初期不良品(画面が表示されていない、画面に表示されている数字が変わらない等)がございますので、万が一、お手元のトークンが初期不良品であった場合、お取引店または長野銀行インターネットバンキングサポートデスクへお知らせください。当行にて、不良品であることが確認できれば、再発行手数料はいただきません。

3.トークンの複数申込について

法人インターネットバンキング1契約につき、1個のトークンをお送りしておりますが、承認権限者が複数人おり、トークンの共有ができない等の理由で、複数個のトークンのご利用を希望されるお客さまは、お取引店の窓口にてお申込ください。(トークン1個につき発行手数料1,080円(税込)が必要です。)
ただし、1つのログインIDに対して、1つのトークンしかご利用いただけませんので、ご注意ください。

※法人インターネットバンキング1契約に対して複数のトークンをご利用いただくには、複数のログインIDをご利用いただくことが前提となります。

4.都度指定方式での「当日扱い」振込・振替サービスについて

当行では、セキュリティ対応策として、平成26年7月より、都度指定方式での「当日扱い」の振込・振替サービスを停止し、事前登録先以外への当日送金を不可としております。今般、新たなセキュリティ強化策としてトークンを導入いたしましたが、都度指定方式での「当日扱い」の振込・振替サービスの停止については、不正利用・不正送金に対するお客さま保護のため継続することとしておりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※事前登録先は、お客さま自らご登録いただいた先であり、不正利用の犯人が自由に口座を指定して送金することができない点、また、事前登録は、インターネットバンキング上からではなく、お客さまに申込書をご提出いただき、当行にて登録を行っているものであることから、不正利用の犯人が自由に事前登録先を登録することができない点などから、セキュリティ対応策として有効なものです。

5.本件に関するご照会先

長野銀行インターネットバンキングサポートデスク
0120-089-054 【受付時間】平日9時00分~18時00分
※ダイヤル後「2番」をお選びください。