ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 法人のお客さま > SBI AI&Blockchainファンドへ出資を行います

SBI AI&Blockchainファンドへ出資を行います

印刷用ページを表示する 2018年4月6日更新

株式会社長野銀行(頭取 中條 功)は、SBIホールディングス株式会社(代表取締役執行役員社長 北尾 吉孝)の子会社であるSBIインベストメント株式会社(代表取締役執行役員社長川島 克哉)が設立・運営する「SBI AI&Blockchainファンド」(以下、「本ファンド」といいます。)に対して、1億円の出資を行うことといたしました。

近年、世界的に注目を集めているAI、ブロックチェーンといった新たなテクノロジーは金融分野に限らず、医療分野や不動産分野、行政分野等、様々な分野での活用が期待されています。

本ファンドは、FinTech分野を含む、AI、ブロックチェーン、さらにはこれら技術と関連の深いIoT、ロボティクス、シェアリングエコノミーといった分野も含めた、広義な意味でのAI、ブロックチェーン分野の有望なベンチャー企業へ投資を行うことにより、出資者と投資先企業による連携や新事業の創出を推進するファンドです。

当行は、出資による国内外の有望な企業との協業・連携に加え、FinTech 分野における人材育成により、お客様にとって利便性が高い革新的な金融サービスの提供に取り組んでまいります。 

本ファンドのスキーム

スキーム

 本ファンドの概要

 名称(登記上の名称)

SBI AI&Blockchainファンド(SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合)

 目標出資総額

500億円

当行の出資額

1億円 

 投資対象

AIおよびブロックチェーンを中心としたFinTech分野のベンチャー企業の株式、新株予約権、新株予約権付社債等

 設立日

平成30年1月

 存続期間

10年

 無限責任組合員

SBIインベストメント株式会社