ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 長野銀行について > お客さま本位の業務運営方針

お客さま本位の業務運営方針

印刷用ページを表示する 2018年6月1日更新

お客さまの夢の実現をサポートし、お客さま満足度No.1となるため、信頼され、親しまれ、相談に乗れる、存在感のある銀行をめざします。

株式会社長野銀行(以下、「当行」といいます。)は、「当行は、お客さまと株主の皆さまおよび従業員の幸福と繁栄のために全力を尽くします」という経営理念に基づき、当行のめざす銀行像である「必要とされ選ばれる銀行~長野県のマザーバンク~」を具体化するために、金融商品の販売、助言、商品開発、資産管理、運用等において以下の取組方針を定め、「お客さま本位の業務運営」を実践してまいります。
当行は、グループ会社2社と連携し、お客さまの立場に立った情報提供や金融商品のご提案等を行うとともに、定期的に取組状況を検証し、お客さま本位の良質な金融サービスの提供に努めてまいります。

 1 お客さま本位の情報の提供およびコンサルティング機能の発揮

  1. お客さまに最適な金融商品を提供するため、お客さまの資産・負債状況、属性等にかかるヒアリングを十分に実施し、ライフステージおよびニーズに合わせた商品・サービスのご提供に努めてまいります。
  2. お客さまがより良い金融商品・サービスを選択いただけるよう、コンサルティング機能を発揮し、金融商品のご提案にあたっては、商品特性やリスク特性について経済環境・市場動向を踏まえた情報の提供を行うとともに、各種手数料の透明性を高め、分かりやすいご説明を行うよう努めてまいります。
  3. お客さまに各種金融商品をご購入いただいた後もタイムリーかつ丁寧なアフターフォローを実施し、市場動向やお客さまの保有資産の状況、他商品の状況等、投資判断に資する情報提供を随時行ってまいります。また、お客さまを対象とした各種セミナーの定期開催等による情報提供も継続的に実施してまいります。

2 お客さまの多様なニーズにお応えする商品ラインアップの充実

  1. お客さまの投資目的やリスク許容度等に応じた適切な商品をお選びいただけるよう、幅広くかつ高品質な商品のラインアップを充実してまいります。
  2. これから投資を始めるお客さまを含め、多くのお客さまにご利用いただけるように、付加価値の高い金融商品・サービスの提供に努め、お客さまの資産形成とライフプランの実現を積極的にサポートしてまいります。

3 利益相反の適切な管理

  1. お客さまとの間で利益相反の可能性がある取引を正確に把握し、適切に管理します。

4 お客さまの資産形成のお役に立つための商品・サービスの提供に向けた体制の整備

  1. 当行グループは、本方針を実現するために、全役職員がこれを理解し、実践する企業風土の醸成に努めます。また、研修の受講や外部資格の取得等により、お客さまのニーズや利益に適うよう、コンサルティング機能の発揮に必要な商品や投資環境に関する知識の習得・スキルの向上に継続的に努めてまいります。
  2. お客さまの利益やニーズに資するための適切なご提案が行えるよう、当行職員による営業活動等を適切に評価できる業績評価体系を整備してまいります。
  3. お客さま本位の接遇の提供のため、営業店の接遇状況について外部機関による定期的なモニタリングを実施し、接遇マナーの改善によるお客さま満足度の向上に努めてまいります。

  「お客さま本位の業務運営方針」に基づく成果指標(KPI)

1 投資信託商品ラインアップの充実

お客さまの多様なニーズにお答えする商品ライアップの充実に努めてまいります。

(1)投資信託商品ラインアップ

29年6月末の公表時は、34商品でしたが、30年3月末には41商品を取り揃えました。

種別商品数構成比
29/6末30/3末29/6末30/3末
債券国内債券225.90%4.90%
海外債券131238.20%29.30%
合計151444.10%34.20%
株式国内株式5614.70%14.60%
国内外株式225.90%4.90%
海外株式4811.80%19.50%
合計111632.30%39.00%
REIT国内REIT225.90%4.90%
海外REIT225.90%4.90%
合計4411.80%9.80%
バランス型国内外バランス4711.80%17.00%
合計4711.80%17.00%
合計3441100.00%100.00%

※ 投資信託種別の内訳は、主な投資先にて分類しております。
※ つみたてNISAの5商品を含みます。

内訳

(2)投資信託の販売額上位5銘柄

金融商品のご提案にあたって、市場動向等の情報提供を行うように努めてまいります。

順位29/4~29/8(5か月間)29/4~30/3(1年間)
商品名運用会社商品名運用会社
1ダイワJ-REITオープン大和投信ロボット・テクノロジー関連株ファンド大和投信
2ダイワUS-REITオープン大和投信ダイワJ-REITオープン大和投信
3ワールド・リート・オープン三菱UFJ投信ダイワ・US-REITオープン大和投信
4ノーロード日本国債フォーカス日興AMワールド・リート・オープン三菱UFJ投信
5日興・CS世界高配当株式ファンド日興AM日興・CS世界高配当株式ファンド日興AM

2 保険商品ラインアップの充実

お客さまの多様なニーズにお答えする商品ライアップの充実に努めてまいります。

【生命保険ラインアップ】

29年6月末の公表時と同様30年3月末現在、保険商品は12商品を取扱っております。

種別

通貨

商品数

構成比

終身保険(一時払)

円建

8.3%

終身保険(平準払)

円建

16.7%

医療保険(平準払)

円建

50.0%

がん保険(平準払)

円建

8.3%

定期保険(法人向け保険)

円建

16.7%

合計

12

100.0%

3 FP資格保有者数

FP資格の取得奨励を通じ、プロフェッショナルとしての専門性を高めております。

 29年3月末30年3月末
FP資格保有者数548名
 (従業員数672名)
551名
(従業員数673名)
取得率81.50%81.80%

4 お客さま向けセミナー開催回数

お客さま向けセミナーを開催し、資産形成に役立つ情報をご提供してまいります。

セミナー名

平成28年度

平成29年度

資産運用セミナー

8 回

24 回

相続セミナー

2 回

 5 回